ホーム BOOKS こうのとり相談室

こうのとり相談室

定価

1,296円(税込)

販売価格

1,296円(税込)

購入数

登録情報
著者 渡辺みはる(諏訪マタニティークリニック・カウンセラー)
単行本: 211ページ
出版社: はる書房 (2011/03)
ISBN-10: 4899841183
ISBN-13: 978-4899841180
発売日: 2011/03
商品の寸法: 17.4 x 11.8 x 1.8 cm


商品紹介
治療に心を持ち込んでもいいのですか?
親やきょうだい、親しい友人、夫にさえ言えない心の内―
「辛い」「苦しい」「いつまでがんばるの」、そんな想いを語 る…「誰にも言えなかったけれど、ここなら言える」―
訪れる人たちの心のよりどころであり続けたいと願う「こうのとり相談室」のこれまで。



<<目次>>
刊行に寄せてーー心のオアシスであり続けることを願って
  根津八紘(諏訪マタニティークリニック院長)
プロローグーー相談室の日常の風景から

▶第一章 こうのとり相談室ができるまで
 育児相談室「マミールーム」の立ち上げ
 不妊治療を知るきっかけとなった出来事
 保育士からカウンセラーへの転身
 三人勉強会での準備
 とうとい人生の物語りを前に涙
 治療に心を持ち込んでいいのですか?

▶第二章 語られた人生のものがたり
     倶楽部Kounotori:Heart to Heartから(前編)
 チームでの対応とは?
 『倶楽部Kounotori』が呼んだ反響
 時にはこころの休息も必要です
   いつも心に爆弾を抱えているような感覚でいた私
   頑張れないときは無理せず休んでもいい
 欲しいのは二人の子、という想い
   暗いトンネルも抜けてみれば短いと思える
   つぎの診察日が待ち遠しくて夫と通った日々
   子どもを授かるにはいくつものステップがある
 男性不妊の現実
   受けた心の傷に耐えた夫
   二人の未来のためにとった選択は
 表に出て来ない二人目妊娠
   子どもがいることが問題なの?
   二人目ゆえの悩みもある
 仕事も治療もあきらめない
   辛さも一時のことだからと言われ
   不安だった上司へのカミングアウト

▶第三章 語られた人生のものがたり
 いつかやってくる「その日」まで
   「苦悶」の四〇代
   やめる決心はきちんと納得してから
 ぼくたち夫の役割
   あの日の知恵と勇気でつかんだ幸運
   妻と十九回目の体外受精に挑戦中
 「夫婦」から「家族」へ、もうひとつのかたち
   養子とともに歩人生を選ぶ
   産むことはできなかったけれど親になれた
 患者を”卒業”して思う
   ただ一度の妊娠ーーそれは神様からの贈り物
   どんな人生も楽しそうだと、今なら思える
   「終わり」を受け入れていく中で
 相談室で過ごした時間
   よい波に乗れた体験
   心のヘドロの正体に気づく

▶第四章 患者さんが私を育ててくれます
 「受容」「共感」「傾聴」が基本
 心の底のマグマ
 最低と言われることが最高?
 患者さんとカウンセラーは心の関係

▶第五章 人を生かすカウンセリング
 初めてのワークショップで
 古い記憶とともに
 私の気持ちに起きた変化
 本当に、聴ける人になりたい

▶第六章 諏訪マタは病院らしくない病院
 孤高の人? 吉川文彦先生
 気持ちには気持ちで
 愛でみんあを縛る根津八紘院長
 テーマは”愛”

エピローグーーー患者さんの心に寄り添いながら

解説 すべてはその人の感情を大切に扱うことから始まる
   松本文男(NPO法人長野県カウンセラー協会理事長)

参考文献